セリクラってなに?

かつて組織的に行われていた少女売春が、法改正によって完全に分断されてしまった関連業者。彼らが次に講じた手段というのは、なんと、実店舗を構えて少女を売ろうという方法です。それが、「セリクラ」と呼ばれています。

簡単にそのシステムを説明しますと、男性客が身分証明証を提示して会員登録し、入会金をだいたい1000円程度死は依頼ます。この入会金とは別に、「ルーム使用料」とされるものを別途支払います。ちなみに、この支払は時間単位で加算されます。

「ルーム」とは、小さな個室なのですが、各部屋には小さなモニターが1台ずつ用意されています。そして、完全無料で利用できる女性客が「セリルーム」と呼ばれる女性客用の部屋に入ると、その様子がすべて男性のモニターに映し出されるという仕組みになっています。

これを見て、男性が女性を「買う」のです。時として、女性1人に対して競合が生じることもあるわけですが、これにオークションのように「セリ」の形を採用し、より高値で女性を競り落とした男性客がその女性への交渉権を得ることになります。

したがって、「セリルーム」とは文字通り「競りルーム」ということになるわけです。高額で競り落としたからと言って、交渉が成立するわけではありません。女性が男性を見て、最終判断になるというシステムです。女性がNGを出した場合、「次点」の男性が繰り上がりでその女性への交渉権を握ることになります。

ちなみに、そのあと誕生したカップルがどんなコースをたどろうと、競りにつぎ込んだ金額はすべて女性の取り分となります。なんでもその相場は5000円程度だとか。一方、店のほうは、男性に対して課金する時間単位の「ルーム利用料」で利益を得るというカラクリなのです。

このシステムのうまいところは、女性を「会員」としないことで、店は女性に対する責任を負う必要がないというところです。したがって、口先だけで男性にうまく丸めこまれた女性が裁判を起こそうにも、責任が生じない以上、提訴することができません。

ほんの小遣い稼ぎのつもりで少女が利用するケースは多いですが、中には援助交際を目的とする少女も事実存在し、今ではこのセリクラもまた問題視されつつあるようです。実際、セリクラを利用した援助交際が摘発され、これがきっかけとなって、現在ではこのようなタイプの店舗自体が急速な減少傾向をたどっていると言います。とは言っても、警察と業者の「いたちごっこ」に過ぎないという気がしないでもないですが・・・

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です